私は一生太っていることに悩み続けて生きてくのだろうか?

1年くらい前から「断捨離」にはまって、たくさんのものを捨てました。

余計なものがない、本当に大事なものだけに囲まれた部屋にいると、色んなことをゆっくりじっくり考えられるようになりました。

そのときふと、自分のことを振り返ってみて思ったんです。

「結婚式後にリバウンドして以来、数年間ずーっと痩せたい痩せたいって思ってて、全然痩せてない。これって太ってる悩みに常に心が支配されてるんだよなぁ。」

「太ってるから、かわいい服が着られない」とか「太ってるから、人に会うのが怖い」とか、よく考えると私って、太ってることを言い訳にしていろんなことにブレーキをかけてたんです。

はたして、いつ解決するんだろうこの悩みは?

もしかして一生太っていることに悩み続けるんだろうか?

そして死ぬ寸前に「あぁ結局、痩せられなかったなあ」って後悔するんだろうか?

そんなこと考えると、もういてもたってもいられなくなりました(笑)

それで意を決し、こわくてしばらく乗っていなかった体重計に乗ったら、過去最高の76キロ!

「うわぁ。これは本気でやせないと!」

これが、今回の人生最後のダイエットを始めたきっかけです。

「物を減らして、人生変わりました!」っていうのは、あながち間違いではない気がします。

少なくとも私は、物を捨てたことでダイエットを始める気になり、実際に行動に移すことができましたから。

あとは、このモチベーションを維持して、ダイエットを続けないと。

そして、心を支配し続けるこの悩みから解放されるためにも、今、頑張ろうと思います。