スナック菓子を止めてみたら、体の調子がよくなった。

a0002_001257

まず最初に言っておきます。

私、スナック菓子が死ぬほど好きです!!

いやだってこれ、嫌いな人いる!?

めちゃくちゃおいしいし、食べたら幸せな気分になるし、ほんと病み付き、もう中毒!

でも今現在、ダイエットを始めてからのこの3か月半の間は、ほぼ食べてません!!

ダイエット中でもちょっとくらい食べた方が、ストレスにならずにいいですよ的な優しい意見もありますけど、

「ちょっと」でセーブできれば、苦労しません!

「ちょっと」でセーブできなかったから、太ってるんです!!

そ、悪いのはスナック菓子じゃない、自分です(涙)

なので、ここは思い切ってすぱっとやめてみることにしました。

スナック菓子を食べるのを止めてから体感している、体の変化について書き出してみました。(個人的な感想です)

体重が減った

これが最大の効果かもしれません。

今までほぼ毎日のように、何かしら口にしていたんで、食べなきゃ減るのは当然なんですが。

前のダイエットでは、お菓子を食べたらご飯食べない、お菓子がご飯替わりみたいなこともやってたんですけど、

ご飯は食べてお菓子を食べない方が、体重の減りが早い気がします。

疲れにくくなった

それまでは、「何か今日きついなぁ」とか「だるいなぁ」と思う日が結構あって、年のせいかなぁなんて思ってたんです。

でも、お菓子やめてみて、なんとなく調子がいい。

トランス脂肪酸の影響だったのでしょうか。

今は、相変わらず体重は重いが、体が軽い、とでも言いましょうか。

3歳のムスコを追いかけて走っても、ハァハァ言わなくなりました!

偏頭痛が減った

もともと偏頭痛持ちで、生理前とか、天気の悪い日とか、頭痛薬が手放せませんでした。

ひどい時なんて、横になっててもぐわんぐわんするんですよね。

完全になくなったわけではないんですが、薬を飲まないといけない程の痛みは、ダイエットを始めてから記憶にあるのは1回くらいかなぁ?

朝早く目が覚めるようになった

はたしてスナック菓子効果なのかわかりませんが、とにかく朝の目覚めが早い!

4時とかに目が覚めてしまうときもあります。

もう、おばあさんみたいやん(笑)

朝の時間ってかなり有効に使えるんですよね。

夜の静寂は切ないけど、朝の静寂はさわやかで好きです。

イライラが減った(気がする)

最初は食べられないイライラがありましたが、その禁断症状が落ち着いてくると、わけのわからないイライラが減ってきた気がします。

結局、体調がよくなってきたからなんですかね?

物事のすべての歯車がかみ合うかのように、1つうまくいけばすべてうまく回りだす。

塩分に敏感になった

スナック菓子って、塩分をたくさん含んでるものが多いです。

なので、私の舌は、若干バカ舌になってたのかもしれません。

やめてみて、出来合いの総菜や、外で食べる食事がものすごく塩辛く感じるようになりました。

まとめ

もし「やめたいけど、やめられない」って悩んでいる方がいたら、

これは乗り越えないといけない壁なんだと思って、踏ん張ってください。

人間だれしも、踏ん張らなきゃならない「ここぞ」って時があると思うんですよ。

こんな意志よわよわの私でも、何とか踏ん張って止められたんですから、大丈夫です。

それに、最初の3日間くらいは本当に相当きつかったですけど、それも最初だけ。

そのあとはずーっと体にはいいことばかりです。

って、言葉で言うのはいとも簡単なんですけどね。

「食べたい」「食べようか」「食べちゃえ!」「食べちゃダメ」

この葛藤が、ダイエットを始めてすぐに訪れた最大の壁でした。

今は、「食べる?」って聞かれても「いらない」って言えます!

あともう一度言いますが、スナック菓子を否定する気は全然ないですよ~

メーカーさんが研究に研究を重ねて作った、企業努力の結晶なのですから、量を決めて適度に食べる分には大丈夫なはずです。

ただ私は、「ちょっとでセーブ」できずに食べすぎてしまうから、今はやめてるだけです。

やせて、「ちょっとでセーブ」できる力が身に付いたら、その時はまた食べてみたいなぁと思ってます。