食事は野菜などの食物繊維から!糖の吸収をゆるやかにして太りにくくなる。

a1180_005787

今日のお昼は、久しぶりにファストフード店でハンバーガーを食べ(てしまい)ました。

ダイエット中の身でありながらごめんなさい。でもたまには許そう、自分を!

私はハンバーガーとブラックコーヒーとポテト(Lサイズをオットとシェア)、オットはてりやきマックバーガーとコーラとポテト、ムスコはハッピーセットのおもちゃに夢中でジュースとポテトを少しつまんでいました。

それから公園でひと遊びしてから家に帰ったのですが、帰る途中オットは「おなかがすいた」と言って、コンビニでパンやお菓子を買って、家で食べていました。

まだ食べ終わってから、1時間くらいしか経ってないというのに。

でも、実は私も、すごくおなかがすいていたんです。

おなかがすいているというか、何かを無性に食べたい気分。

確かに公園で動きはしましたが、遊ぶムスコを見守る程度で、汗をかくほど走り回ったわけではありません。

「なんでだろう?食べ終わったときは、満腹とまでは行かなくても、満たされてる感じがしたんだけどな・・・」

インスリンの大量放出ですぐに低血糖状態に→空腹感

ハンバーガーやポテトはいわゆる炭水化物なので、糖分が多く含まれています。

空腹時にいきなり大量の糖分を摂れば、血糖値が急激に上がります。

すると体はインスリンを大量に放出し、すぐに血液中の糖を分解して体に吸収しようとします。

大量のインスリンによって糖が体に吸収されると、低血糖状態、つまり再び空腹感を感じてしまう状態になってしまうのです。

だから、カロリーは高くてもすぐにお腹がすいてしまうというわけです。

おまけに、大量の糖分や塩分を含むファストフードなどの食べ物には、高い依存性があるため、食べれば食べるほど、もっともっと食べたくなってしまうんですね。

その結果、ついにはぶくぶく太ってしまうという悪循環に。

依存性があるって、本当に怖いですよ。だって、やめたいと思っても、自分ではコントロールできなくなってしまうわけですから。

食事の最初に野菜を食べて、糖の吸収を緩やかにする

よくコース料理なんかは、前菜にサラダが出てくることが多いですよね。

あれって実は、理にかなっているようです。

野菜に含まれる食物繊維が、体に糖が吸収されるのを緩やかにしてくれるんですって。

だから私も、ダイエットを始めてから、食事の最初には大量のキャベツの千切りを食べるようにしています。

14762676034890

これはある日の夕食です。

電子レンジでチンした鶏胸肉をのせて、どんぶりいっぱいのキャベツを食べてます。

食べる順番も実は大事で、野菜→汁もの→メインのおかず→炭水化物という順番で食べると同じものを食べても太りにくくなるようです。

炭水化物は、おかずまで食べた時点で、「食べたい」と思えば食べますが、この日はもうおなかいっぱいだったので、炭水化物は食べませんでした。

※ちなみに左下の小っちゃいボールみたいなのはコロッケです。

ムスコ用に一口サイズで作ってますよ。

キャベツの千切りって、めんどくさいんですよ・・・しかも毎日ともなると(主婦のくせに)

なので、私はスライサーで2日分まとめてシャーッとやってます。

3日目になるとさすがに色が変色してしまいますが、2日目までなら全然大丈夫でした。

それすらめんどくさい!って人は、キャベツの葉っぱ3枚くらいちぎって、そのままかじってもいいと思いますし(笑)、最近はコンビニには千切りキャベツやサラダも売ってますからね。

野菜を食べることに意味があるんですから、何だっていいんです。

太りにくい食べ方を常に意識した生活をしよう

はっきり言って、ダイエットしてる人には、やはりファストフードは「毒」以外の何ものでもありません。

できることなら食べずに過ごしたいところです。

ただそうは言っても、時間がない時には手軽にささっと食べられて便利だし、友達に誘われたりすると、なかなか断りづらいところがありますよね。

なので、食べるときには、まず最初に野菜を食べてからハンバーガーを食べるなどして、少しでも太りにくい食べ方を意識しておくといいかもしれません。