【断捨離のきっかけ】我が家はキッチンから始まりました。

e54c595c-d5a1-4be1-99d1-e44e46c170eb

現在の我が家のキッチンです。

我が家は、寝室を出るとすぐにキッチンが目に飛び込んでくる作りになっていて、ここがすっきり片付いているかどうかが一日のモチベーションにだいぶ影響します。

今でも片付けせずに寝てしまい朝起きてキッチンを見て愕然とする、なんてこともありますけど(笑)昔に比べたら随分と減りました。

断捨離のきっかけ

あるミニマリストの方がテレビで特集されていました。

その方のキッチンが映ったのですが、引き出しをあけると数本のキッチンツールがまるで売り物のようにきれいに並べられていました。

それを見たときに軽く衝撃を受けて、これだけしかなかったら洗うのも5秒で終わって楽だろうなぁと思ったのを覚えています。

物にあふれていた我が家のキッチン

それまでの我が家のキッチンといえば、とにかくあらゆるものを出しまくった状態でした。

キッチンツールも調味料もすぐに取り出せるようにコンロの回りに全部出していましたから。

でも火の回りって、油も飛ぶしさらにそこに埃が付いてすぐ汚れがたまります。

こまめに毎日拭けばいいんですけど、そもそもずぼらでめんどくさがり屋なもんでやらない。

どんどん溜まる汚れにしびれを切らして「はーどうしてこうなるかなー」なんてつぶやきながら時々まとめて大掃除。

「よし!きれいになった!今度こそこの状態をキープするぞ」と意気込んで2、3日くらいはこまめに拭いたりするんですけど、だんだんめんどくさくなってきて、結局また汚れをためて一気に掃除。

そんな日々の繰り返しでした。

小さな一歩を踏み出す

それでためしに、レンジフードに吊り下げてあった調理器具を全部どけてみたんです。

それだけでものすごいすっきり感!なにこれ!

じゃついでに、すぐとれるように出してあった調味料類も全部しまってみよう。

さらにさらにすっきり!まるで引っ越してきたときのキッチンのようでした。

それからはもうイケイケどんどんであらゆる部屋の物を捨てまくりました。

捨てれば捨てるほど、自分が今までいかに無駄なものにお金を使ってきたのか、そして物を粗末に扱っていたのかを思い知らされました。

それと同時に、二度と同じ失敗はしないよう買うときには本当に大事にできるものを慎重に選ぼう、という気持ちも徐々に芽生えていきました。

といいつつ、今でも失敗することは多々あります。

100均に行って「何かに使えるかも」と思ってかわいいカゴを買ってしまったり(笑)

たとえ100円であっても、本当に自分が大切にできるものを買わないとだめですよね。

まだまだ日々鍛練中です。

まとめ

部屋は心を映す鏡だといわれていますが本当にその通りだと思います。

断捨離することは、部屋を片付けると同時に心を整理することでもあります。

そうすることで本当に自分のすべきことが見え、それが私の場合はダイエットを始めるという行動につながりました。

物を捨てたら終わりではない。その先にある人それぞれの何かを見つけられたらいいなぁと思っています。