間違った食欲を捨て、正しい食欲を手に入れよう

「あなたは半年前に食べたものでできている」を読みました。

楽天市場あなたは半年前に食べたものでできている [ 村山彩 ]

amazonあなたは半年前に食べたものでできている

この本には「間違った食欲センサーを捨て、正しい食欲センサーを手に入れる」
ということが書かれていました。

食べたいもの=太らないもの

前々から思ってたんです。
「好きなものを好きなだけ食べても太りませーん」っていう言葉、
あれ絶対ウソだよなー
だって好きなもの好きなだけ食べて太ってる人がここにいますよ?って。

でもこの本を読んで、それが本当だったとわかりました。

本当に、好きなものを好きなだけ食べても太らないんです。
だって、好きなものがそもそも太らないものだから

人は本来、太るものを食べたいわけではない

好きなものっていうと、
例えば油こってりの唐揚げとかポテトとかケーキとかを想像しますよね?

でもそれは、食欲センサーが正常に働いていない証拠です。

正しい食欲センサーが働いていれば、
そもそもが太る食べ物を食べたいとは思わないんだそうです。

もともと人は、自分の体が本当に必要としているものがわかるはずなのに、
現代の人たちはそれがくるってしまっている。

間違った食欲の原因は「ストレス」

なぜそのような間違った食欲センサーになってしまったのか?

原因は「ストレス」なんだそうです。

「ストレス」という強い刺激を打ち消すために、
強い刺激の食べ物を食べてしまうんだそうです。

そんなことを繰り返しているうちに、
人は本当に体が欲しいものを察知する正しい食欲センサーが働かなくなり、
間違った食欲センサーが働くようになってしまうとのことでした。

正しい食欲センサーを働かせるためには

ではどうすれば正しい食欲センサーに戻してあげられるのかというと、

20分の、汗をかくくらいの運動
運動で失った栄養素を補う食事をとる

このセットを繰り返すことだといいます。

これをやっていくことで人は正しい食欲センサーを取り戻せるのだそうです。

疲れると人は甘い物や何か食べ物が欲しくなりますが、
疲れた時こそまず体を動かしてみる
すると脳が体が必要としているものがだんだんわかってくるんだそうです。

まとめ

これを読んで、やっぱりダイエットには運動が必要なんだと思いました。

確かに食事のカロリーだけを減らせば一時的に痩せるかもしれませんが、
それは本当の意味での「太らない体」を手に入れたわけではないのです。

太らない体=食欲センサーが正常に働いている状態
つまり
太るような食べ物を好まず、
自分の体が欲しいと思っている栄養素がわかる状態
ということなんだと思います。

私は今、朝のラジオ体操を欠かさずやってます。
これは大体3分くらい。
ということはラジオ体操7回やれば約20分にはなります。

・・・が、さすがに7回は飽きますよね(笑)

なので、ウォーキングか軽いジョギングを取り入れてみようかな・・・
出来ることから始めて「正しい食欲」を取り戻したいと思います。