断捨離はキッチンから始めることをおすすめする3つの理由

以前にも書きましたが、我が家の断捨離はキッチンから始まりました。

【断捨離のきっかけ】我が家はキッチンから始まりました。
現在の我が家のキッチンです。我が家は、寝室を出るとすぐにキッチンが目に飛び込んでくる作りになっていて、ここがすっきり片付いて...

何故かというとたまたまテレビで見たミニマリストの方のキッチンに刺激されたから、なんですが、今思うとキッチンから始めたのはよかったなーと思います。

そこで、断捨離をするならキッチンから始めるのがいいと思った理由を書いてみようと思います。

いる、いらないがすぐわかる

主婦の方なら基本的に料理は毎日しますよね。だから使っているものと使っていない物がすぐにわかります。

あまり判断に迷うことがないんですよね。

早く判断できるということは、断捨離が早いスピードで進められるので、気分が乗ってきます。一つの場所が早く終わることで次の場所でもそのスピードで進めやすくなります。

また、キッチンって案外収納が多くて、断捨離をすると何もない空間ができやすい。

この「何もない空間」が、心の余裕を生み出してくれるんです。

効果を実感しやすい

リビングや寝室などは、基本的にあまり動かない場所です。

でもキッチンに立っているあいだは、せわしないくらいに動いてます。

冷蔵庫から食材を取り出し、包丁を出して、炒めて食器棚から皿を取り出して盛って・・

あの狭い空間を主婦はアッチにコッチにと動き回っています。

我が家はキッチンマットを置いてないので、キッチンの床だけ毎日黒くなってるのがすごくわかりすいのですが、それぐらい動いてるってことですよね。

小さな場所だからこそ、そこがすっきり片付いていると、料理も片づけもしやすくなって
断捨離の効果をより実感することができます。

間違って捨ててしまっても惜しくない

キッチンにおいてあるものっていわゆる「小物」です。

家具や電化製品に比べると値段が安い。

だから仮に間違って捨ててしまっても買い直しやすいのです。

少なからず「捨てる」っていうことに最初は抵抗があるものですから。

ちなみに私は、捨てなければよかった!と思って買い直したものってありません。

また、値段が安いと断捨離の後に新しい物を買い揃えやすいということです。

家具家電を買い直すとなると、結構お金かかりますもんね。

なので我が家は少しずつ、キッチンの小物をお気に入りのものに置き換えてます。

5ee71b03-5044-40f3-ac85-d44093b43ccf

以前は無印の落ちワタふきんを使っていましたが、現在はこの白雪ふきんを使っています。

かわいいけどやわらかくて丈夫で使いやすいのでおすすめです。

でも色んな柄があるので、選ぶのに迷ってしまいます^^

キッチンがお気に入りのもので溢れてくると、家事のテンションが格段にあがります。

ただの皿洗いでも、そこにかわいいスポンジがあるだけでやる気が出てくる。

キッチンにはあるのはお気に入りのものだけ、という状態が私の理想です。

まとめ

当たり前ですが、物を捨てることが大事なのではありません。

本当に大切なものを大切にするために、余計なものを捨てること、
これが大事なのです。

そうやって小さく自分で自分のやる気を上げてあげることが、日々を幸せに暮らしていくために大切なことなんだなぁと思います。