【我が家のダイニング公開】ダイニングテーブルの上には何も置かずに、心にゆとりを作ろう。

我が家のダイニングはこんな感じです。

モットーは「何も置かないこと」

でもこれは気をつけて意識していないと、すぐ散らかってしまいます。

テーブルは物置き場になりやすい

ダイニングテーブルの上は散らかりやすいです。

なぜなら物を「ちょっとだけ」置いておくのに最適な場所だからです。

帰宅した後のカバン
飲みかけの飲み物
後で見ようと思ってる郵便物

「ちょっとだけ」と言い訳して置くのに、便利な場所なんですよね。

「ちょっと」が長いと、それは「ずっと」

「ちょっと」が本当にちょっとなら、散らかりません。

でもそれが「ちょっと」ではすまない時があるから散らかってしまうのです。

置いた瞬間は、「ちょっとだけ」のつもりでも、
ほんとにちょっとして片付けなければ、それは「ずっと」と同じです。

先延ばしにしていると、物はどんどん増えてしまい
「こんなにあったらすぐには片付かないから、あとで時間とってまとめてやろう!」
と自分に言い訳してしまいます。

そうなったら最後、片付けられずに残ったもので占領された机は
食事をとることも出来ない、ただの物置きになってしまいます。

基本は、1個でも物があったら即片付け

1個だけなら、片付けなんてあっという間に終わってしまいます。

でも片付ける数が多いとすぐには終わらないので「めんどう」に感じてしまい、
ますます片付けられなくなってしまいます。

なので大事なのは、早い段階で手を打つこと。
基本は、1個でも物があったら、即片付ける。

今にしろあとにしろ、片付けなければならないのは同じなのですから。

何もない場所が必要な理由

何にもない空間というのは、見ているだけで心に余裕ができますよね。
空間のもたらす効果というのは思っている以上に絶大です。

他が散らかっていたとしても、目につきやすいダイニングがきれいだと、
それだけで余裕が持てる気がするし、他も綺麗にしよう!という気にもなります。

逆に、散らかっていたり、物が山積みになっているのって、
見るだけでも気分が下がるし、
やらなきゃいけないのにやっていない自分を見せつけられているようで、
何だかやる気まで奪われてしまいます。

まずは出来るところから始める

押入れを空っぽにするとか、何もない部屋を作るとか
何気にハードルが高いんです。

それがあればゆとりが生まれるし、理想的だと思ってはいるんですけど、
なかなか難しいのが現実。

でも「ダイニングテーブルの上に何も置いてない状態を作る」というのは
そこまで難しくもないので、やりやすい。

まずは自分が出来そうなところからやってみるのがいいと思います。

とはいっても散らかることもある

ちょっと気を抜いたらこの有様w
どれだけ気持ちを保とうと頑張っていても、
普通に生活していれば散らかることは絶対あると思うんですね。

そんな時はもう、開き直るに限る(笑)!

完璧な人なんていないんですから「そんな日もあるさ~」と開きなおって、
また明日から気持ちを入れ直しましょう。

気持ちを切り替えて前に進めるかどうかは、
人生をうまく生きられるかどうかに関わってくると思っています。

まとめ

今ちょこちょこやっておいて、後々の負担を減らすか、
今はためておいて、後でまとめてやる方が効率が良いか

どういうやり方にするか決めるのは、自分です。

自分がどうやったらやりやすいかを考えて実行してくこと、
そうやって少しづつ暮らしを整えていければいいなーと思っています。