大事なのは体重じゃない、見た目だ

ダイエットには食事制限と適度な運動を取り入れることが大事である。

これはもう口が酸っぱくなるくらいに言われ、耳にタコができるほど聞かされてることです。大事な事だとわかってはいても、なかなかバランスよくするのは難しい。

でも人は見た目が大事だ。それにはやはり運動は避けては通れない。

改めてそう思うことがありました。

ふいに撮られた自分を見た

3連休初日に義理の両親が遊びに来まして、カメラ好きの義理の父が、ムスコの写真をパシャパシャ撮ってくれました。

そばにいる私も一緒に写ってるんですが、あとでその写真を見て愕然としました。

「撮られてる」って意識してる時の写真はまだ見れるんです。顔作ったり、姿勢正したり、ちょっと腹へっこましたりしてちょっとでもよく写ろうと意識してますからね(笑)

でも、意識してない、ふいに撮られてる時の体と顔ときたらね、まーひどいもんでしたよ。

猫背・二重あご、眠そうな目
「誰?このおばさん誰?」って自分でもちょっと引くくらい(笑)

正直いうと、前より13キロもやせたし、前履いてたズボンとかもゆるゆるになってるし、それなりの自分が映ってることを期待しちゃってたんですよね、ぶっちゃけ。

でも、現実は全然違った。
まだ全然デブだった(涙)

見られてる!と意識すること

でもよくよく考えてみると、それこそが普段の自分の真の姿なんですよね。
女優でもない限り常に見られてると意識して生きてる訳じゃないですから。

ほかの人の目にいつも写ってるのは、そんな無意識の時の自分なんです。

だからね、思ったんですよ。

テレビに出る女優さんって、最初はイモみたいな顔してても、どんどん垢ぬけて綺麗になっていきますよね。人は見られることで美しくなるっていいます。

つまり見られてるということを常に意識するようになることで、人はどんどん美しくなるんじゃないかなと思います。

常に意識してるうちに、だんだんと無意識になって当たり前になってる。

だから見られることを意識することは、美しさへの近道なのかもしれません。

見ためにこだわる

なので2017年のダイエットの目標。

見られてることを意識して、見た目にこだわったダイエットをしよう!

見た目にこだわるということは、積極的に運動やストレッチを取り入れるということです。
まず、寒くてさぼり気味だったラジオ体操を復活します。そして、ずっと興味があって時々やっていた体幹トレーニングを真剣にやってみようと思います。

体重は頑張った分の結果がわかりやすく出るので、これからも励みにはしていきますがそればかりにとらわれないで、いかに筋肉をつけて美しく見える体を作るか?ということをもっと意識していきたいと思います。

最後に

撮られた自分の姿を見ることで、改めて太ってることを思い知らされました。

そして、自分の目指しているところはどこなのか、そのためにやるべきことは何なのかに気づくことができました。

気持ち新たに、見た目を意識して無理のないダイエットを続けていきたいです。