大きくても小さくても、使わない物は捨てよう!

捨てても片づけても何だかしっくりこない、散らかったり片付いたりを繰り返している我が家ですが、その原因が何となくわかった気がしました。

小さい物をとっている

大きい物、例えば家具とか電化製品とかは、案外捨てにくいようで捨てやすいものです。

捨てたときの爽快感も大きいですし、一個捨てるだけで空間が出来て達成感も大きい。

やっかいなのは、ちいさなこまごましたもの。

まーこれぐらいならとって置いても邪魔にはならないかと思ってとってるものが我が家には結構多いことが判明しました!

ちりも積もれば山となる、で小さなものでもそれがたくさんあれば結構な量になるし、家のあちらこちらに点在しているせいで何となく片付いた気にならないんではないかと気づいてしまったわけです。

たとえばコースター

お客様が来たとき用にと思ってとっていたのですが、ほっとんど使ったことがありません。

しかもよく見てみるとうっすらシミがついてる・・・

きっとお客さんに出すことはないと思います。

たとえば箸置き

一時期食器集めにハマってました。

「めんどうだけど好き」が「好きだけどめんどう」になってしまったら、思い切って手放してみる
見てください、この食器の数の多さよ!実は断捨離を始めるまでは「食器集め」が趣味で、あらゆる食器を買いあさっていました...

それと同時に箸置きも集めてたのですが、普段の食事で箸置きを使うような上品な家庭ではないため(笑)、出番がありません。

なぜか4匹いるわんちゃん箸置き・・・4個セットだったのか??

いらないものは捨てる

文房具やら工具やらこまごましたものでもなんでも、「まーこれくらいならとってても邪魔にはならないからいいか」というものがまだまだたくさんありそうです。

いくら大きなものを片付けてすっきりした空間ができても、小さなものが家じゅうのあちこちに点在していたら、それは本当の意味で片付けたことにはならないんだなーと思います。

当たり前中の当たり前の基本、使わないものはすぐ捨てる、ですね。

まとめ

改めて、ひとつひとつ丁寧に見直して行こうと思います。

小さい物でも使っていないものだったら捨てる。

場所をとらないからとっておいてもいいや、という余計な気持ちは捨て去ろうと思います。

いやーそれにしても断捨離ってなかなか終わらないですね。

ミニマリストへの道は遠そうだ・・・