片付けは好きにならなくてもいい、物を減らして楽にしてあげるだけでいい

週に一度、プレ幼稚園に通っている3才のムスコ。毎回このすきを狙って、送り届けて家に戻ったら速攻で散らかった部屋を思いっきり片付けます。

片付け前

服は脱ぎ散らかす、朝食は食べ散らかす。とにかく散らかり放題。おまけにお弁当まで持っていくからキッチンもひっちゃかめっちゃか!むしろ片付けがいがあるってもんよ!

片付け後

とにかく片っ端から片付けて、掃除機をかけてすっきりさせます。でも物が少ないのでそんなに時間はかかりません。

ムスコがご丁寧に床に張ってくれたシールが泣ける。シールはがし、買わなきゃだな。

しかしこうしてみると、クッション類多くない?

・・・断捨るかな?

片付ける理由

ムスコが帰ってくれば、どうせまたすぐ散らかるとわかってます。小さい子どもがいると、常にきれいな状態をキープするのって難しいですよね。

それでも片付けるのは、つかの間でも部屋をすっきりさせて、そこでくつろぎたいから。散らかった部屋では、どうしても心からくつろげている気がしないのです。

せっかくの貴重な時間、ちょっとだけ頑張って、きれいな部屋で過ごしたいのです。

片付いた部屋だと、心まですっきりするようで、頭の中のゴチャゴチャしてることもきれいにほどかれていくような気がします。

つかの間のじぶん時間

片づけた後は、大好きな雑誌「かぞくのじかん」とコーヒーでひとやすみ。

この雑誌の世界観が大好きで、同じものを何度も何度も繰り返し読んでます。

「かぞくのじかん」とコーヒーと私。

どこかで聞いたことのある曲のタイトルだな(笑)

バックナンバーを見つけてはコツコツ買い集めて、やっと8冊たまりました♪

物を減らせば片付けへのハードルが下がる

物が多ければ、片付けが一大イベントになります。でも物を減らせば、ちょっとの片付けで終わらせることが出来ます。

一大イベントの片付けと、ちょっとの片付け。どう考えたって後者の方がハードルが低いですよね。物を減らすことは、片付けへのハードルを下げるということでもあるのだと思います。

さいごに

実は今でも、片付けがそんなに好きではありません(笑)でも物が減ったおかげで、少なくとも片付けに苦痛を感じるほどいやだと思うことはなくなりました。

そもそも片づけが好きだったら全然自分で管理できるので、物を減らそうとは思いませんでした。好きになることは難しい、でもそもそも別に好きになる必要なんてないんです。

好きになるより、自分がどれくらいのものだったら無理なく楽に管理出来るのか、その適量まで物を減らして行くこと、それだけでいいんだと思います。

自分の人生なんだから、自分の生きやすいようにしてあげたいですね♪

★片付けのヒントが見つかるかも★

にほんブログ村テーマ 収納・片付けへ
収納・片付け

シンプルで綺麗な収納&片付け

片付けて プチストレスをなくしていく