水切りかごは使う派の私が、すっきりさせるために取り入れたシンプルなルール

ミニマリストを目指していると、水切りかごを「持つか」「持たないか」について考えるときがありますよね。

私も一度、水切りかごを使わずに過ごしてみたことがありましたが、今は「使う生活」に落ち着いています。

現在使っているのはラバーゼのスリムタイプのもの。

おしゃれなブロガーさんが使っているのに憧れて、食洗機に比べれば安いもんだ!毎日使うんだから安いもんだ!と言い聞かせて清水の舞台からダイブして買いました(笑)

洗ったものは自然乾燥

ご覧のとおり、洗ったものはそのまま自然乾燥させています。

水切りかごを使わないということはつまり、洗った食器類はすぐに拭いてしまわないといけないということなので、私もなし生活をしているときには「洗う拭くしまう」をワンセットでやっていました。

そうすることのメリットは、

  • キッチンがすっきりして気持ちいい
  • 次の料理に取りかかるときにすごい楽

ということでした。

でも「洗う拭くしまう」のワンセットって、ご飯食べた直後にやるには結構ヘビーです(笑)

やらないといけないと義務化してしまうと、精神的にきつくて嫌になってしまったので、全部やるのはやめて、一つだけマイルールを設定してみました。

調理器具だけは拭いてしまう

鍋やキッチンツールなど、調理器具だけはすぐ拭いてしまうことにしました。

これくらいだったら、精神的にあまり負担になりません。

だけど、調理器具がそこにないだけで、すっきり感はだいぶ違ってきます。

皿とか箸とかだけなら、残っていてもそんなに気にはならないし、調理器具だけでも拭いてしまうことで、「やり遂げた!」という達成感もそれなりに味わえます。

なので、このくらいのゆるさが自分には合ってました。

さいごに

他の人のやり方を参考にして色々試していると、自分にとってしっくりくるやり方がだんだん見えてきます。

自分に合ったやり方を見つけると、生活も少しずつ楽になっていきます。

でもこういうことって、一気にやれるもんではなく、本当にちょっとずつ近づいていけるもんなんじゃないかなと思います。

だから焦らずに、自分のペースで自分のやり方を見つけて、少しずつ理想の生活に近づいてい行ければいいんじゃないでしょうか。

暮らしのコツがたくさん★参考にしてます。

にほんブログ村テーマ キッチンの片付け・断捨離・収納へ
キッチンの片付け・断捨離・収納

ミニマリストの持ち物

シンプルな道具たち